森が奏でるラプソディー

森が奏でるラプソディー

作者:江種鹿乃子  

出版社:ナツメ社

内容
江種鹿乃子さんの1冊目の塗り絵本です。

動物たちが四季を楽しみながら伸び伸びと暮らす様子を描いた、塗り絵ブックです。


うららかな春の庭で遊んでいる子猫、あじさいや夏草が浮かぶ水面。

秋の収穫を祝うアライグマ、冬の教会を照らす幻想的な灯りなど。


春夏秋冬の四季で構成され、動物と美しい草花や風景か細密に描かれています。

感想
主に草花と動物、そしてアンティーク調の小物も描かれている、江種鹿乃子さんの大人可愛い塗り絵本です。

草花は繊細で美しく、動物たちはリアルでとても可愛くて、線画だけでも楽しめる美しさです♡

それだけに海外での人気も高く、何か国かで翻訳されている為、海外の方でも塗ってらっしゃる方がとても多いですね。

私にとっても、大好きな塗り絵本の中の一冊なので、コンプリートしたいなと思っています!
どのページも可愛くて捨てページはありません(*’ω’*)

動物塗りが苦手な方でも、毛並みがしっかり描かれていて、意外に塗りやすいのでおすすめです!

紙質もしっかりしているので、水彩や様々な画材を使えるところも良いですね♡

おすすめ度:★★★★★

難易度:★★★☆☆

紙質:★★★★☆(水彩OK)

コメント