スポンサーリンク

大人の塗り絵の嬉しい効果

大人の塗り絵は年齢に関係なく楽しめて、手軽に出来る素晴らしい趣味です。

ストレス解消やリラックス効果があり、
脳も活性化されるなど嬉しい効果が沢山ありますよ♡

癒し効果
ストレスが多くイライラすることが多い現代社会ですが、
塗り絵にはストレス解消や癒し効果があります。

無心で塗ることに集中できる為、瞑想に似た効果が得られて、
悩みや雑念から解放されて心が休まるのです。

また、美しい色を見ることによって明るい気持ちになったり、心が落ち着きます。


ストレス解消には
①Rest(休養)
②Relaxation(くつろぎ、息抜き)
③Recreation( 休養や楽しみ)
の3つの要素が大切ですが、
大人の塗り絵にはすべての要素が含まれています。



また、自律神経のバランスを整える効果もあります。

現代は鬱病を患っている方が多いですが、
塗り絵で緩和したという話はよく聞きます。

私自身も鬱病でしたが、塗り絵で症状が軽減されて今ではすっかり治りました!!

自身の経験上から、鬱病の方にもおすすめですよ☆彡


ただし、あまりにも長い時間座りっぱなしで塗り続けるのは、
肩こりや目の疲れの原因になり、
リラックスどころか疲れてしまうので注意が必要です。(経験済みです。笑)

座りっぱなしも体にはよくないので、
こまめに立ち上がったり、適度な休憩を入れたりして楽しみましょう。


15分から30分程度でも効果が出るので、
生活の一部として取り入れて、上手にストレス解消しましょうね。

脳の活性化
塗り絵をする時はまず、どんな色で塗るかを考えます。

そして色をどのように塗るのか…
塗る強さや薄さ、グラデーションの付け方、色の重ね方などを考えます。

それを手の動きをコントロールして塗ります。


このように、塗り絵の工程は脳のすべての部位がバランスよく使われるため、
脳全体の活性につながります。

工夫しながら塗るというのが脳にはとても良いそうです。

認知症予防や進行を抑えるためのリハビリにも、
塗り絵が利用されていることも多く、
塗り絵が科学的にも素晴らしい趣味だということが良く分かりますね。

ちなみに私の祖母は、数年前に脳梗塞で右半身不随になってしまいましたが、
左手で塗り絵を楽しんでいますよ。

以上のように大人の塗り絵には嬉しい効果がありますが、
それとは関係なく、熱中できる趣味があるということは素晴らしいことで、
それだけで生活に張り出るものだと思います。


このストレス社会で楽しく生きていく為にも、
自分にとって大好きな趣味がひとつでもあるということは
大切なことなのかもしれませんね。

コメント