スポンサーリンク

2020年1月に塗った作品

2020.1.5 完成
世界遺産 時をこえる旅塗り絵ブック

Eriyさんの最新刊を塗りました♡

お正月らしく「京都のアンティーク着物屋さん」のページ♪

家具類は昔の家にありそうな重厚感を出したかったので、細かいところは黒で塗ってます。
そして、壁は思い切ってピンクと紫にして、ちょっと薄暗い店内にしたつもり。
アンティーク感でてるかな?

小物や着物は、華やかさと可愛さとレトロモダンな感じにしたくて配色頑張りました(`・ω・´)
(所々、色のチョイスおかしいところあるけど…笑)

和物はあまり塗ったことがなく苦手意識が強い分野なのですが、 Eriyさんの線画は可愛さがたくさん詰まっているので楽しく塗れました♡

2020.1.19 完成
たーこのぬりえ

前作の「京都のアンティーク着物屋さん」に続き、和物です。

たーこさんのねずみ年の女の子♡

大好きなレトロモダン風に仕上げてみました♪

苦手な着物ですが、洋風の要素も含まれているので、とても塗りやすかったです !
絵柄も細かくないので、私にしては早く塗り終りました°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

2020.1.31 完成
世界遺産 時をこえる旅塗り絵ブック

またまたEriyさんの新刊からです♡
「ベルサイユ宮殿の村里」のページです。

池を泳いでいる二羽の白鳥♡
この白鳥がプロポーズしているように見えたので、ロマンティックでメルヘンな感じにしてみました♡

建物は可愛らしくピンク系の茶色。
池はキラキラ感を出したかったので、明るい水色やターコイズブルーをメインに。
そして華やかさを出すために、建物の奥の緑にお花を描き足し、
白鳥やお花にはホワイトをたくさん使いました。

幸せそうな1ページに仕上がったのではないでしょうか♡♡

ところで、この塗り絵本の紙質が塗りにくいという方が多いみたいです。
確かにムラになりやすいので、かなり塗りこまないときれいに見えないかな。

ガサツで適当人間の私は、「ムラが出てもわざと紙の目を残して塗っているんだ!!」というスタイルの為、大して気にすることもなく塗っていますが(笑)。

紙質が苦手で塗れないのは悲しいので、どんな色鉛筆でどんな風に塗れば塗りやすくなるのか研究してみようかなと思っています。
いつになるかは分からないけど、記事にできたらなぁと考えています!!

紙質になんて負けないぞー٩( ”ω” )و!!!!

コメント