スポンサーリンク

塗るのが遅くて焦ってしまう

SNSをしていると、日々更新される塗り絵の完成作品。

塗るのが早くて次々と塗り終えて投稿しているフォロワーさんを見ては、自分も早く完成させなきゃと焦る日々…

こんな風に、自分の塗るスピードが遅くて悩まれている方は意外に多いです。

実は私も塗るのが遅くて、一時期悩んでいました。


私の場合は他人と比べてというよりは、塗りたいものが沢山あるのに追いつかないということでしたが、何故自分はこんなにも塗るのが遅いのだろうかと。


色々理由を考えてみたのですが、塗り絵に使える時間は人それぞれで、塗り方も違うのだから塗る早さが同じなわけないんですよね。

自分の好きなペースで塗り絵を楽しめば良いのです。

しかし、そんなこと分かってるけど、どうしても気になってしまうという人の為に、考えられる原因と解決法を私なりにまとめてみました。

原因①こだわりが強い
・とにかく紙の目が白いのが嫌で塗りこまずにはいられない。
・弱い筆圧で何度も色を重ねるのが好き。
・背景などに描き込みをしたい。
など、こだわりが強くなればなるほど時間がかかる…


実際に一つの作品を仕上げるのに1~2ヶ月かけてじっくり取り組む方もいらっしゃいます。

もちろんクオリティーも高いので、むしろこのままでいいと思います!!

悩む必要はなく、この塗り方を貫いてもらいたいなと思います。

原因②集中して塗れない。
これは私にも当てはまる事なのですが、塗る事に集中できずに携帯を見てしまったり、他のことに気が散ってしまって進まないということです。


ながら塗り絵になると進まないのは当たり前なので、私は時間を決めて集中して塗るようにしています。

私の場合は1時間が一番良かったです。

タイマーをセットして、塗り絵以外のことはしないと決めて集中して塗るようにしたら、以前より塗るスピードが格段に上がったのです。

集中できる時間は個人差があるので、色んな時間で試してみてくださいね。

原因③配色に悩んで進まない。
これは私の悩みでもあります(笑)。

何色にしようと悩んでいる時間が長すぎて進まないのです。

けっこう悩まれている方が多いのではないでしょうか?


私は絵柄を見てイメージが湧かないと塗れないタイプで、逆にイメージが固まっていれば配色にそこまで悩むことなくスムーズに塗れることが多いので、イメージが湧いた絵を塗るようにしています。

それでも配色に悩むことはありますが、その時は色が決まっているところからどんどん塗り進め、塗りながら配色を考えるようにしています。


わたしはほとんど使うことはないのですが、配色本を参考にして塗ると失敗しにくいのでおすすめです。

原因④忙しくて塗れる時間が少ない。
フルタイムで仕事をしていたり、小さな子供がいたり、仕事と育児と家事をこなしていたり、多趣味だったり、介護や闘病生活を送っている方など…

みなさんそれぞれに生活があり、それによって塗り絵をする時間をどれくらい確保出来るか変わってきますよね。

ライフスタイルを変えることは出来ないので、時間を上手に使って少しでも塗り絵の時間を作るしかないかなと思います。

原因⑤とにかく塗るのが遅い!
とにかく塗るのが遅くて、塗っても塗っても進まないというのもよく聞きます。

ズボラ適当人間である私とは正反対で、そのような方はとても丁寧で完璧主義者なのかなと思います。

それだけ時間をかけて丁寧に塗った作品は美しい仕上がりですし、そのままでいいと思います。

しかし、時間が沢山ある方ならいいですが、忙しい人はもっと早く塗れるようになりたいと思ってる方は多いと思います。

そこで、どうしたら早く塗れるようになるのか私なりに考えてみました。


①下塗りをパステルや水彩で塗る。
→背景や広い所を塗る時に色鉛筆で塗ると時間がかかるので、すぐに塗れるパステルや水彩でササッと下塗りし、その上から色鉛筆で塗ると早く仕上がります。
ムラが嫌ならパステルを、水彩特有の滲みを活かすなら水彩で。


②メリハリをつけて塗る。
→全て丁寧に塗るのではなく、力を入れるところと抜くところを決めて塗るということです。
意外と力を抜いて塗ったところが、味わいのある雰囲気になったりしますよ。


③無駄な工程を省く。
→私は、重ね塗りをする時に色鉛筆の本数がやたらと多くなってしまい、途中でこの色は不要だと気付いて省いたら、スピードアップすることが時々あります。
色だけでなく、重ね塗りの工程でも言えることですね。
自分が求めている塗り方に必要のない工程は省いていく。
そうすることで、スピードアップしますよ。

まとめ
基本的には塗るスピードは気にする必要はないです。
自分のペースで楽しく塗ればいいのです。

ただ、自分はなぜ塗るのが遅いのか一度考えてみて、スピードアップ出来るところはした方が良いかなと思います。

時間は限られているのですから、その中で出来る限りたくさん塗りたいですよね♡


コメント